おすすめのアイスワインはこれだ

奇跡のワインことアイスワインのおすすめするポイント

エノテカアリーチェオンライン : クラフトビール東京 (Craft Beer Tokyo)

奇跡のワインことアイスワインのおすすめするポイント / 最大のポイントはお菓子との相性の抜群さ / アイスワインと正式に名乗れるのはカナダとドイツ、オーストリア産

偶然によって誕生した奇跡のワインことアイスワイン、その誕生から200年以上経過した現代では希少価値が高いとしても通販から購入可能です。
そんなアイスワインの中でもおすすめの品について触れる前に、奇跡のワインのおすすめするポイントについて触れておきます。
とはいえ、そのポイントは一言でまとめると甘さです。
甘口のワインは数多くあるものの、その甘さは貴腐ワインと互角とされています。
貴腐ワインはボトリティス・シネレア菌と呼ばれる貴腐菌がブドウに付着し、その菌によってカビの増殖とともに干しブドウの状態になったブドウもとい貴腐ブドウから製造されています。
カビの性質を利用した品と言えばブルーチーズやカマンベールチーズなどがありますが、貴腐菌は白カビに分類されるのでカマンベールチーズの仲間といっても過言ではないです。
そんな貴腐ワインはハチミツのような甘さと香りが特徴的で、また特定の品種と難しい製造法が価値を高めています。
もっともその点はアイスワインも同様です。
ブドウをあえて凍結させたり冠雪したまま放置したり等凍らせる事が絶対的な条件ですが、凍ったブドウから搾れる果汁はわずか8分の1だと言われています。
おまけにブドウを凍らせるという事は、収穫せずに冬が到来するまで放置する事です。
その期間における害虫や害鳥の被害を考慮すると、農家としてはとんでもないコストとなります。
さらに言えば真冬の作業は過酷であり、ワインをつくるために必要な果実の量は通常よりも約8倍の量が求められているところが製造を難しくさせている壁です。
いずれにしても、どちらも自然現象の力を借りています。

ワイン🍷三本で割引購入で満足していましたが、25%offは魅力的(^○^)

『FB見た』と勇気を出して一言言ってみようかな⁉️#エノテカアリーチェ pic.twitter.com/YBBVHxswUE

— 練馬中村橋のアムリッツ立岩です。
(@ftateiwa) 2018年12月27日